SBI証券のドルキャッシュを年利7%で運用できる?(住信SBIの外貨預金)

ドルがここ1年のレンジを下抜け

ドル円が105円台まで来ました。2017年が107円~114円のレンジで動いていましたので、僕は109円台からちょくちょく、外国株を購入するためにドル転をしていました。

僕は月に米国ETFを12万~15万/月程購入し、それ以外に大型の高配当株・成長株を不定期に買っています。購入時には下記ルールにしています。

・その時の為替レートがドル転時より、円安ならばストックしているドルを使う。

・その時の為替レートがドル転時より、円高ならば新たにドル転。

[ドル円は2017年の最高値の107円を下抜け、100円~107円はスカスカなのでテクニカル的にも1ドル=100円までは想定しておきたい]

ドルが少し余った。

106円台でもドル転し、更に105円より円高になればドル転する予定です。また1ドル100円までのシナリオをイメージすると、ドル転したキャッシュ少し余り気味になってきました。加えてドルの配当も少しづつ増えていて、既にSBIの口座だけで1万ドル、日本円で100万円以上になっていました。

一ヵ月に投資するドルは1100ドル~3000ドルの見込みですので、「一ヵ月以上使わないだろうドルが7000~8000ドル」になってしまいました。

ドル余りキャッシュの利用方法

比較的使われるのはMMF?

余りのドルキャッシュはSBI証券ですとMMFを購入することで運用できます。

MMFは解約手続きし、翌日引き出すことができます。以前は「ニッコウ・マネー・マーケット・ファンド」が最高利回りでしたが、「ブラックロック・スーパー・マネー・マーケット・ファンド」が年利1.146%になります。50万円分のドルを入れておけば税込み480円/月程になります。

住信SBIネット銀行の外貨預金の利用

住信SBIネット銀行の外貨預金が目に止まり、今回は外貨預金にしました。

僕は初めて外貨預金なるものを行いました。外貨預金ってハイリスク・手数料負けのイメージですよね。

2018年2月現在、住信SBIネット銀行では、下記優遇金利キャンペーンがあります。

ただし、

・一ヵ月もののみ

・円からの預金のみ

になります。

僕はドルを運用したいので外貨預金に抵抗はないのですが、このスーパー金利は日本円からの入金になりますので、

1) SBI証券から住信SBIネット銀行へ外貨出金

2) 住信SBIネット銀行で一度、ドルを売却し日本円にした上で一ヵ月満期で外貨貯金をする。

という手順を踏むことになりました。

為替手数料が激安の住信SBIネット銀行は、これで十分元が取れます。

1) SBI証券から住信SBIネット銀行に外貨出金する。

SBI証券で米国株取引をしている人であれば常識ですが、SBI証券の外貨口座と住信SBIネット銀行間は「外貨振替」が可能です。

SBI証券画面から「入出金・振替」->「外貨入出金」で即時振込が可能です。手数料もかかりません。(まじ素晴らしいです。。)

2) 一度「ドルを売却」し日本円にする。

外貨預金は「ドルをそのまま外貨預金」すると通常金利の年利1.8%になります。そのため一度ドルをわざわざ日本円にします。

SBIでは為替コストは1ドル当たり4銭ですので、金利で考えれば約0.04%相当になります。(4銭ってマジ素晴らしい!)

後程、再びドル転する際、通常であれば再度4銭取られますので、合計1ドル当たり8銭で約0.08%です。

と思ったら、3/16までは「為替手数料がタダ」というライバル社殺しのキャンペーンがありましたので片道の4銭しかかかりませんでした。

.PNG

操作画面ドルでも「今のレートで10万円分」等と日本円で金額を指定できるのも便利です。

3) 米ドル定期預金を申し込み

円転したドル分を購入します。この時、期間を「一ヵ月」にし、満期時には「満期解約」にしておきます。

満期解約にしないと、通常金利で自動継続運用になります。

完了。利率10%になっています。

利回りについて

1ドル100円で、ざっくり計算して下記利回りになります。税引き後でこれは良いですね。

僕は、今のレートで75万円( 7000$程)外貨預金にしたので、一ヵ月後の受け取り金利は手取りで44$程になります。これに為替手数料の約3$を計算すると41$程です。税引き後ですからビックリ金利ですね。

一ヵ月満期後の運用について

満期に「外貨普通口座」にドルで金利がついて戻ってきますので、再び証券口座に移動し、米国株の購入にあて運用します。

一ヵ月外貨定期の高金利のキャンペーンは長く続いています。僕の記憶では1年近くにはなります。もしこのキャンペーンが続き、繰り返し行えると年利7%近くになりますね。

他の見方をすれば、「平均1ドル108円で購入した分のドル」が一ヵ月で「平均約107.38円で購入した分のドル相当」になります。

これを三ヵ月続けられれば1ドル106.2円程でドル転したのと同等のドルを手に入れることができます。

僕みたいな人が多く出ると、現条件での高金利キャンペーン終了になりますので、あまりアテにしないで活用させていただきます。

 

それにしてもSBIグループは素晴らしい

キャンペーンの意図と若干外れた裏技的な利用ですが、そんなことは取るに足らないのではないか?と思える程、SBI証券/住信SBIネット銀行の外貨投資環境の整備は素晴らしいです。

ドル建て資産構築を考慮するのであれば今は間違いなく一択です! (アフェリエイトではありませんよ)

下記メリットは、例えばマネックス証券では1つも達成されていません。

  • ドル<->円の為替手数料が激安(4銭)
  • 証券口座<->銀行口座の外貨振替が無料で取引時間内で即時反映でできる。
  • FX口座からも現引き可能で、振り込み手数料なく証券口座・銀行口座に入金できる。
  • ドル建て口座でクレジットカードの外貨利用ができる。 (SBIカードの外貨けっしあは2018/1/31で終了)

ドルでの運用・利用の幅が広がっていくSBIグループは応援しています。

 

コメントを残す