Googlespreadsheetで簡易チャート(簡単過ぎ)

Spreadsheetでは簡易なチャートが簡単に作れます。SpreadsheetのExcelとの違いを感じることができるデモです。

こちらをクリックして起動してみてください。該当部以外は編集不可で全体に共有していますが、Googleアカウントでログインして左上の「ファイル」から「コピーを作成」してください。



チャートの開始日と、ティッカーを入れるとチャートが出ます。

米国株は「AMZN」「VZ」

米国ADRならば、「NYSE:GSK」

香港株は「HKG:0005」

為替ならば、usdjpy, usdeur 等と入れます。

残念ながら日本株は対応していません。「INDEXNIKKEI: NI225」 等は出ます。

この辺はGoogle Financeで検索した時にティッカーシンボルが確認できます。

7セルでこのシートが出来ているので、慣れれば1分で作れる?

Googlespreadsheetが凄いな。と思うのは、

  • タイトルの3セル(InputTicker、Dateといった文字列)
  • 計算式の2セル
  • ユーザがインプットする日付、Tickerの2セル

合計7セルの編集だけで構成されています。グラフはデフォルト設定のみです。

下記、計算式を伴う2セルの説明です。

計算式1:Googlefinanceで日足データ取得

A1のセルに下記の様に入力してあります。これで下位のセルに指定した期間の終値が展開されます。

後日やれば最新の日付までのチャートが自動で取得できます。

=GoogleFinance(F2,“price”,F1,Today(),“DAILY”)

計算式2:終値を日付に変換

終値で時間が入ってくるので、時間を削る処理をC3に入れています。

Arrayformula関数は繰り返しを自動で処理してくれるのでコピペが不要でとっても楽です。

=ARRAYFORMULA(DATEVALUE(A2:A999))

*厳密にはこちら999日しか対応していません。

「これだけで、この位できます」というデモなので、グラフはデフォルトのままですし、パフォーマンスを気にした構成にしていません。

Googlespreadsheetクラウドなので全体的に遅いですが、何かやりたい時に簡単に作成できて、自動更新でメンテ不要な項目が多いので、Finance関係はもうExcelに戻るのは困難になってきました。

同様に「AmazonとGoogleの過去100日の比較チャートを作成する」というのを真っ白から作って見ました。時間は1分半位です。

GIFは倍速にしてあります。



コメントを残す