Fear and Greed – 恐怖と欲望の指数 で売買してみる

CNNが出している「Greed and Fear Index 」「恐怖と欲望の指数」

 

毎月末~月初に機械的にETFを購入していたが、やはり継続的に購入するのであれば、

もう少し、安い時に買って、高い時に売る様なことを調整したい。

この指数を参考にして売買してみることは、メンタルトレーニングにもなることを期待している。

例えば、20切ったら確実に買い。80超えたら確実に売ってみる。等。

残念だが、CSVや時系列データが公開されておらずチャート分析ができない。

プログラム書かずにどこまでできるのか?という好奇心のアウトプットだが、スキャルピングして、GoogleTranslateをかけて、リアルタイムデータを参照できる様にしてみた。(Plug-INの質が良くなくて遅いしまだバグってる)
キャッシュ処理が旨くいかないので、最新の値はクリックしてください。

「恐怖と欲望」指数

今はどの様な感情がマーケットを動かしている?

「恐怖と欲望」指数の時系列チャート

安全資産の需要 ( Safe Heaven Demand )

株価と債券のリターンの差から算出

 

Greed
株式は、最後の20時に4.73%ポイント債をアウトパフォームしています
取引日。これは、株式のための最強のパフォーマンスに近いです
過去2年間で債券に対する投資家があることを示し
結合の相対的な安全性から在庫に回転します。
Last changed May 20 from an Extreme Greed rating

 

プット&コールのオプション ( Put and Call Option )

プットとコーブルのコールオプションとベアのプットオプションのトレーディングボリュームの比較

Extreme Greed
最後の5取引日の間に、プット・オプション内のボリュームは、ボリュームを遅れています
48.24パーセントによるコール・オプションの投資家が自分の中で強気の賭けをするよう
ポートフォリオ。これは、中に見プット買い最低レベルの間にあります
最後の2年間、投資家の一部に極端な欲を示します。
Last changed May 18 from a Greed rating

 

ジャンク債へのデマンド ( Junk bond demand)

適格債とジャンク債の利回りの差

 

Neutral
マクレランボリューム総和指数対策が前進および減少
NYSEのボリューム。各先月中に、約2.44パーセント以上
この日の量は減少の問題よりも進ん問題で取引されています。この
マクレラン発振器ものの、市場の幅が改善していることを示し、
最後の2年間、その範囲の中間にあり、中立です。
Last changed May 15 from a Fear rating

 

市場の勢い ( Market Momentum )

S&P500の125日移動平均線に対しての勢い

Neutral
CBOEボラティリティ指数(VIX)は28.16です。これは中立読書で、
市場リスクが低く表示されることを示しています。
Last changed May 19 from a Fear rating

 

株価の鼓動 ( Stock price breath )

上昇と下降時における株の出来高から算出

株価の強さ (Stock Price Strength)

ニューヨーク市場で過去52週で最高値・最安値を漬けた銘柄数から算出

市場のボラティリティ (Market Volatility)

VIX指数