SBIで購入できる米国以外のADR株(高配当順)2018年7月

SBIも作ってみました。

SBIはリストが自動取得できないので、リストは2018年6月時点のSnapshotです。

記事最後の表の配当と配当性向は実績ベースでリアルタイムで更新されてます。

データはfinbizからデータを取ってきていますので参考程度に。

 

新興国株は下落中。

ドル高で新興国から資金が逃げているせいか、ADRの株価も下落しているものが多いです。

「高配当化しているものがないか?」というチェックをしたく、普段はマネックスですがSBIまでチェックを伸ばしてみました。

 

高配当ベスト10 (2018/6/24)

 

Ticker 銘柄(英語) 国籍 配当 PayoutRatio
VEDL Vedanta
ベダンタ
インド 20.47%
SBGL Sibanye Stillwater
シバンエ スティルウォーター
南アフリカ 17.45%
GFA Gafisa
ガフィーザ
ブラジル 10.93%
MBT Mobile Telesystems
モバイル テレシステムズ
ロシア 9.86% 92.15%
BAK Braskem A
ブラスケム A
ブラジル 8.72%
SNP China Petroleum & Chemical
中国石油化工(シノペック)
中国 7.54%
VOD Vodafone Group
ボーダフォン グループ
英国 7.07% 96.43%
WBK Westpac Banking
ウエストパック バンキング
オーストラリア 6.36% 81.13%
SHI Sinopec Shanghai Petrochemical
上海石油化工(シノペック シャンハイ ペトロケミカル)
中国 6.18%
HSBC HSBC Holdings
HSBC ホールディングス
英国 5.41% 94.94%

 

コメントです

表を見ればPayoutRatio(配当性向)が出ていないのは”赤字”と想定することができます。ので

業績悪化 -> 株価下落 -> 高配当化 —–>(減配)

の匂いがするダメ株ばかりですね。

 

配当性向が100%以内に収まっているのは、ロシアのMBT、英国のVOD、WBK、HSBCの合計4つのみです。

 

・・・全部持ってます!

(少しですけど、、、、気楽にいろんな国に投資できるADRが好きなんですよね。)

 

TOP10を見ると新興国株が多いですが、マネックスになかったインドが1社、中国が2社がありました。

 

VEDL:Vedanta(ベダンタ):インド

インドを中心に事業展開する資源大手企業です。銅・亜鉛・鉛・アルミなど非鉄金属事業と発電事業も手がけています。

ロンドンにも上場していてFTSE100にも採用されている企業です。

主産業である銅の精錬所が環境問題で強制閉鎖に追い込まれて、株価下落中です。ちょっと面白そうですが

高配当2位の資源株シバニエゴールド同様にM&Aが多くて、過去の業績推移や配当がシーケンシャルでなくて、調査しづらいです。

IR見ても配当方針みたいのが無くて、投資できないです。

 

SNP:中国石油化工(シノペック) 

元々国有の中国石油三大企業の1つです。

環境エネルギーを推奨する中国政府に、資源価格も政府の意向もありますし、やはり躊躇します。

 

SHI:上海石油化工(シノペック シャンハイ ペトロケミカル)

シノペックの子会社で、中国最大級の石油化学メーカーです。

日本の三井化学と提携をしています。そういえば三井化学もPER7.2 / 配当3.4%まで来ています。

こちらはちょっと考えなくないですが、増配約束株でもないですし、低成長株ですし、マイナー株が好きな僕でもあまり惹かれないです。

 

結局、配当も安定していないものがあり、やはり「新興国株は配当のボラも高い」っと、笑えない感想になりました。

ということで今回は「くたびれもうけ」でした。

 

下記、全リストです。15分~20分間隔で更新されます。

RDS.BがTickerがRDS-Bと扱うサイトがあり、動きません。全体として、安定して動かない箇所もあるのご容赦下さい。

コメントを残す