マネックスで購入できる米国以外のADR株(高配当順)2018年6月

2018年6月分です。

2018年5月分にリアルタイム更新版を作っています。finbizからデータを取ってきていますので参考程度に。

マネックスで購入できる米国以外のADR株(高配当順)2018年5月更新

 

市況が悪い

ドル高で新興国から資金が逃げているせいか、ADRも下落しているものが多いです。

新興国だけを市場にしている様な株はやはり、値動きも大きいですし、戻ってこない様な株もありますよね。世界的に通信株が酷いことになっていますし、ブラジル株は昨年から下落が続いています。

優良企業は狙い目かもしれませんね。

 

高配当ベスト10 (2018/6/24)

 

 

ティッカー 企業名 国籍 配当利回り Payout ratio
VEON ヴィンペル・コム オランダ 14.78%
SBGL シバニェ・ゴールド 南アフリカ 14.19%
BBVA ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア銀行 スペイン 10.73% 130.69%
MBT モバイル テレシステムズ ロシア 10.50% 91.94%
GFA ガフィーザ ブラジル 9.81%
CIG ミナスジェライス電力 ブラジル 8.77% 64.82%
VOD ボーダフォングループ イギリス 7.20% 96.73%
PHI フィリピン・ロング・ディスタンス・テレフォン フィリピン 6.71%
WBK ウェストパック銀行 オーストラリア 6.47% 80.53%

 

気になったところのコメントです。

通信株が4つランキングインです。全体的に新興国関係が株価下落で配当は高めになっています。

 

1位 ヴェオン(ヴィンペル・コム)

オランダ籍ですが、以前は「VimpelCom」の名前の移動通信メーカです。加入者が全世界で2億1千万程で、ロシア・イタリアをメインとし、アジア・アフリカ等にも展開する多国籍企業です。

新興国も含めてM&Aが好きな会社の印象です。株価も業績も下落中でタコ配ですね。フリーキャッシュフローに基づいて配当を出すので、安定しない印象です。

 

5位 モバイルテレシステムズ

僕は所有していますが、大きく下落中です。配当が10%超えました!

ロシア株ですので、新興国への資金量の影響を顕著に受けているので、慣れっこです。。

一方で、企業のWebPageを見ると、配当方針で現状維持は2018年までであり、2019年に見直しがかかるリスクがあります。モバイルテレシステムズの株は、JPモルガンが主株主で持っており、ロシアはまだまだ経済制裁中ですので、リスクはあると思います。

 

8位のボーダフォン

利回り7%を超えました。現在24年連続増配中で、今年も2%の増配を発表しました。

AT&Tやベライゾンが米国中心なのに対して、ボーダフォンはインドでも頑張る多国籍展開です。新興国への投資が重いですが、英国籍7%で税金もかからないので、気が迷ったら買っちゃいそうです。

 

下記、全リストです。15分~20分間隔で更新されます。

RDS.BがTickerがRDS-Bと扱うサイトがあり、動きません。全体として、安定して動かない箇所もあるのご容赦下さい。


 

こちらはSBI証券のADRリストになります。SBIの方が新興国押しなのか若干銘柄差分がありますね。

SBIで購入できる米国以外のADR株(高配当順)2018年7月

 

コメントを残す